20110727

ベルリンリポート vol.2


こんにちは、laiです。
2回目のベルリンリポート。
今日はic! berlinのメガネの秘密に迫って行きたいと思います!
というわけで、プロダクションのリポートです〜

まずは前回の記事の最後にチラっと見せたコレ↓



気になった方もいると思いますが、なんだかわかりますか?
メガネのデザイン図面の様な感じですが、ちょっと違うんです。。。
実はこれ、一種の型版のようなものなのです!
なんの為の型版かと言うと、想像がつくかと思うのですが、
メガネを切り出す為の型版なのです!!

以前はレーザーでカットして切り出していたのですが、

現在はエッチングという方法でシートメタルからメガネの基となる

パーツを切り出しています。

表と裏の両面に型版を当てて、両面からエッチングしています。
これにより、以前よりも細かな凹凸のある加工をメガネに施すことが出来るのです。

例えば今年の1月に発表した"urban evolution"シリーズ











表面がエンボス加工のようになっているこれらは、以前のレーザーカットでは出来ませんでした!
ic! berlinは常に進化しているんですね〜


エッチングが終わるとこう↑なります。
これを取り出して、次は


研磨します〜
実際はも〜〜〜っと大きな機械で一定数を研磨します。

そしてその次はこれ、


なんだか難しそうな図。。。
実はこれ、ic! berlinのメガネの塗装の方法の解説図なのです。
ic! berlinのメガネは金属に吹付けをして塗装するのではなく、
PVD (Physical Vapor Deposition) という方法で色付けの処理を行っています。
ではほんのちょっとですが、プロダクションのスタッフによる解説ビデオを・・・



ん〜・・・難しい!
実は自分、途中で聴くのを諦めてビデオを撮っていたという。。。笑
ともあれ、このPVDによる色づけをすることでic!のメガネの繊細な光沢を出せるのです。
そして、吹付けに塗装よりも断然色が剥がれにくい!!




・・・さて、どうですか?
ic! のメガネの秘密が分かりましたでしょうか??
シンプルで単純そうに(←失礼!)に見えるic!のメガネ。
全てにおいてさり気ない技術と工夫が施されています!!
実はまだまだ作業工程があるのですが、記事が長くなってしまったので今日はこのへんで!!

またやる気が出たら時間がある時にvol.3を更新したいと思いますのでお楽しみに〜

0 件のコメント:

コメントを投稿