20121019

【新作紹介 vol.02】ic! berlin らしくない、、、

こんばんは、Laiです。
来週の展示会に向けててんやわんやしていて、気づいたらブログの更新がこんな時間。。。

でも、新作をいち早く紹介したいのでアップします!!

今日紹介するのは、これ↓
klavierspieler klaus (クラビーア シュピーラー クラウス)

klavierspieler klaus =ピアノ奏者 クラウス
と名付けられたこのモデルは、ic! berlinらしくない、トラディショナルでクラシックな形です。

「なんで、ic!がクラシックなモデルを?」

と思う人がいるかもしれませんが、
これにはic! berlinらしい理由があるのです。

モデル名になっているピアノ奏者のクラウスさんは、ちゃんと実在する人物なのです。
以前にラルフがオペラを歌っているというのは、このブログの記事でも触れたと思うので細かいことは割愛します。

相変わらずラルフは毎朝オペラのレッスンを続けており、実は最近、時には公共の場で歌を披露するまでの腕前になっているのです。
そんな時に、彼の歌の伴奏を行ってくれているのがクラウスさんなのです!

そんなクラウスさん。
彼は普段とてもクラシックなメガネをかけているので、もちろんラルフはic! berlinのメガネを勧めるわけですよ。
だけど、クラウスさんはなかなか気に入ったフレームが見つからない。。。

「わかった!君の為にメガネを作ろう!!」

と、ラルフ。

そんなこんなで出来たのが、このklavierspieler klaus [ピアノ奏者クラウス]というモデルです。




ic! berlinっぽくない、このクラシックなメガネ。
僕のオススメはその中でも写真のこの、"chocolate :havana matt"というカラー。
もともとあった、"havana"というべっ甲柄のアセテートのマット加工を施し、より渋さと落ち着きを出したカラーです。

ic! berlinっぽいモダンな雰囲気は苦手、、、と今まで躊躇してきた方や、
ic! berlinのメタルを色々持っていて、たまにはテイストを変えたい方にはとてもオススメの一本です!!

今日はこのへんで。
それではまた!!

0 件のコメント:

コメントを投稿